何故借金は膨らんでしまったのか?

旧大蔵省に残る記録から見た借金膨張のメカニズム

なぜ日本は、借金大国になってしまったのでしょうか?

建設国債や赤字国債による借金の利息は、ものすごい勢いで膨らみ続けています。昭和40年から始まった赤字国債の発行から日本は借金大国へと進んでいるのでしょうか?もはや、日本の財布を握っている大蔵官僚は、破綻を知りながら借金を繰り返しているサラ金地獄のサラリーマンと一緒なのではないでしょうか?

こんな人々に税金を預けてはいけないのは、小学生でも理解できます。まずは、こういった官僚たちには、完全に退場していただくしか残された道はないのではないでしょうか?

更新日: